SDGs達成に向けた取り組み

更新日:6月17日

SDGsとは?

SDGs(Sustainable Development Goals=「持続可能な開発目標」)は、2015年の国連サミットで採択された2030年までに全世界で取り組む目標です。 世界を変えるための17のゴールと、より具体的な169のターゲットを設け、地球上の誰一人として取り残さず、持続可能な世界を実現することを目指しています。





インドネシア、ベトナムから外国人労働者を受け入れ、技能や日本語の指導を行っています。これらの活動を通じ、発展途上国の経済発展を担う人材の育成に貢献します。



労働者の権利を保護し、社員が安全、安心に働けるようにします。





安心して住みやすい街を作るため、近隣清掃やクリーンキャンペーンなどの取り組みを行い、地域の環境保全に貢献します。




産業廃棄物を管理し、3R(Reduce、Reuse、Recycle)の推進でゴミを削減します。



クリーンウッド法に基づく登録(第1種、第2種登録木材関連事業者)を行い、合法伐採木材を利用します。違法伐採を減らし持続可能な森林経営を支援し、安全・安心な木材流通に貢献しています。